読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 ハロートレーニング 受講生のためのWebデザインの勉強補足ブログ

JavaScript演習課題

演習課題 写真はすべて適宜 アップロード後のデータを採点 「URL/1121/」に各課題のリンクを作って提出 【課題01】 写真をクリックするとキャプションが表示されるようにしなさい 非表示の状態からクリックすると表示する 【課題02】 ボタンをクリックすると…

DOMでCSSを変更

Styleオブジェクト 要素の style 属性に相当するオブジェクトを返します Styleオブジェクトは、個々のスタイルステートメントを表します Styleオブジェクトは、文書またはそのスタイルが適用される要素からアクセスできます document.getElementById( 'id' )…

DOM based XSS

DOM based XSS XSS(Cross Site Scripting)脆弱性の中であまり注意を払われていないタイプにDOM Based XSSというものがあります 一般的にXSS脆弱性と聞いて思い浮かべるのは、攻撃者の悪意ある入力データ(JavaScriptなど)がサーバサイドでのエンコードや…

イベントハンドラの設定

HTMLとJavaScriptの分離 いままでの記述では、イベントハンドラはHTML内に記述していました 定義とイベントが発生する位置がばらばらでわかりにくくなっています Webページを作成する際は、HTMLとスクリプトは分けて記述することが推奨されています イベント…

DocumentオブジェクトによるHTML要素の操作

DOM操作のメソッド HTMLドキュメントの階層構造 DOMを使用すると、HTMLドキュメント内のすべての要素を「html」を頂点とする階層構造でアクセスできます この階層構造を「DOMツリー」と呼びます DOMツリー内の個々の要素を「ノード」と呼びます ノードを取得…

DOMとは

DOMとは DOM(Document Object Model)とは、HTML文書をオブジェクトとして読み込んで操作するための仕組み Documentオブジェクトが持つ要素の構造そのもの、あるいはそれらにアクセスしたり操作したりする機能のこと DOMは、ドキュメントをツリー構造で扱い…

新-画像置換

画像の準備 Photoshopで、「幅600px 高さ400px」の新規ファイルを作成する 画像をレイヤーとして重ねる レイヤー名を連番にしておく レイヤーをファイルへ書き出し 「ファイル」メニュー →「スクリプト」→「レイヤーをファイルへ書き出し」 保存してから行わ…

画像置換

JavaScriptで画像置換 JavaScript Reference:onmouseover CSSは必要なし! onmouse属性を使った簡単なロールオーバーの作り方 要素に直接記述(インライン) onmouseover = " this.src = ' img/◎◎.jpg ' " onmouseout = " this.src = ' img/◎◎.jpg ' " サム…

配列の添字を活用する

曜日を日本語で表示する 曜日の文字列は、「days配列」に格納しておきます <script> var days = new Array('日', '月' ,'火', '水', '木', '金', '土'); </script> Dateオブジェクトを作成 曜日は、getDayメソッドを利用する1 getDayメソッドの戻り値は「日曜日~土曜日」を「…

配列はArrayオブジェクト

配列とは リストのこと いくつかの情報を番号と一緒に保管するためのもの 「配列」とは、添字(そえじ)と呼ばれる番号を用いて、1つの変数名で複数のデータをまとめて管理できるようにしたもの 配列 - マンガで分かる JavaScriptプログラミング講座 配列は…

random関数

乱数の発生 「random()」は、「0以上1未満の乱数を生成する」メソッド 「floor()」は、「小数点以下を切り捨てる」メソッド ランダムな「整数」を生成する rnd = Math.floor(Math.random() * MAX + 1); <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <title>乱数の発生</title> </head> <body> <h1>乱数の発生</h1> <script> MAX = 10; var num; fo</body></html>…

Math関数を使った計算

Mathとは Mathとは「数学(Mathematics)」の意味 数値演算に便利なメソッドやプロパティが利用できるオブジェクト まえもってインスタンスを生成する必要はありません スタティックメソッド(インスタンスを生成しないで関数のように使用できる) Math . メ…

Dateオブジェクト - 状況に応じた処理

Dateオブジェクト JavaScriptに用意されている組み込みオブジェクト Dateコンストラクタを引数なしで実行すると、現在の日付時刻を管理する「Dateオブジェクト」が生成される JavaScript の日時は、UTC の 1970 年 1 月 1 日 0 時からのミリ秒としてで計られ…

組み込みオブジェクト

組み込みオブジェクトとは 関数と同じくオブジェクトの場合も、JavaScriptがあらかじめ用意しているオブジェクトがあります これを「組み込みオブジェクト」と呼びます 《主な組み込みオブジェクト一覧》 オブジェクト名 説明 Object すべてのオブジェクトの…

関数の応用

関数の代入と匿名関数 関数は、数値や文字列のように変数に入れて扱うことができます この方法を使うと、条件に応じて異なる関数を変数に設定したり、関数を引数として別の関数に渡したりと、より柔軟に関数を利用できます 変数名 = 定義済みの関数名; 《関…

組み込み関数

組み込み関数とは JavaScriptがすでに備えている関数 《組み込み関数一覧》 関数名 説明 parseInt 文字列型の数字列を数値型(整数)に変換する parseFloat 文字列型の数字列を数値型(実数)に変換する isNaN 指定された値がNaNであるかどうか調べる encode…

変数のスコープ

スコープとは 変数には、スコープ(有効範囲)が設定されています スコープは、その変数がスクリプト中のどこからどこまでの範囲で利用できるかを表します 《JavaScriptのスコープ》 種類 説明 対象 グローバルスコープ スクリプト全体で変数を参照できる ・…

処理をまとめて名前で呼び出す - 関数の定義

関数(function)とは 一連の処理をひとまとめにして、名前をつけたものを「関数」と呼びます 手間のかかる処理を関数として定義しておけば、必要なときに何度も呼び出すことができます 関数は「function」キーワードで定義する 関数は処理の材料となる「引…

繰り返しの制御

繰り返しの中のbreak文 switch文でのbreak文は、ブロックの外へ抜けるための構文でした break文をwhile文やfor文のブロック内に記述することで、継続条件式がtrueであっても強制的にブロックの外へ抜けることができます 《for文とbreak文》 <html lang="ja"> <head> <meta charset="utf-8"> <title>for文とbreak</title></meta></head></html>…

連想配列の基礎

連想配列とは 連想配列は、数値の代わりに意味のある文字列をインデックスとすることで、各要素を識別しやすくすることができます 連想配列の場合、インデックスのことを「キー」と呼びます 連想配列の宣言と初期化 連想配列の要素は、キーと値のセットで1…

配列の基礎

配列とは 配列とは、同じ用途で用いる複数の変数を1つにまとめたもの 配列は要素の集合体 配列は変数の集まりによって構成されます 個々の変数のことを「要素」と呼びます 各要素を識別するために「インデックス」と呼ばれる番号(0から始まる整数値)が割…

条件分岐 - switch文

switchとは if文と同様に分岐処理を行います if文を簡略化してよりすっきり記述するための構文です ある変数の中身が一致するかという判断を行います switch(変数) { case 値1: 変数の中身が値1に一致した場合の処理 case 値2: 変数の中身が値2に一致した…

繰り返し - while文

while文とは 反復処理(繰り返し)を行います 同じ事を繰り返すことを「ループ」と呼びます while文は繰り返し回数が決まっていない場合に使われる場合が多い 変数の初期値; while ( 繰り返し条件; ) { 実行される処理 変数の変更 ; } 継続条件式には、if…

for文 演習課題

演習課題 変数を入れてconsoleに表示 入力された値を取得して、ブラウザに表示 和暦(平成)と西暦の変換表 平成1年は、西暦1989年 <html lang="ja"> <head> <meta charset="utf-8"> <title>和暦・西暦の変換表</title> <style> table { width: 200px; margin: 50px auto; border: 1px solid #AAA; border-collapse: collapse;</meta></head></html>…

指定した回数だけ処理を繰り返す - for文

for文 指定した回数だけ処理を繰り返す 変数「i」の初期値(「i」は、indexの意) 処理を1回実行するたびに、変数「i」の値をどのように変更するか for ( 変数の初期値; 繰り返し条件; 変数の変更 ) { 実行される処理 } 変数の値を1ずつ増やす演算子 「+…

イベント発生元の特定 - thisキーワードの利用

thisキーワードの利用 1つの関数を複数のイベントから呼び出すとき、呼び出された関数内でどの部品から発生したイベントなのかを知りたい場合があります そのようなときには、thisキーワードを利用します イベントハンドラに関連づけた処理の中で、thisキー…

イベント駆動型モデルと関数

イベントとは 何かのきっかけで処理を行うことを「イベント」と呼びます イベントが発生したときに対応する処理を呼び出す仕組みを「イベント駆動型モデル」と呼びます それぞれのイベントと任意の処理をあらかじめ関連付けておくと、「イベントハンドラ」と…

if文 演習課題

消費税計算のプログラム <html lang="ja"> <head> <meta charset="utf-8"> <title>消費税計算のプログラム</title> <script> function taxPrice() { //閲覧者の入力の値を取得 var price = prompt( '価格を半角数字で入力して下さい', '' ); //prompt()で習得した値は、文字列になります //文字列は、数値に変換しないと演算には</meta></head></html>…

ブラウザに文字を表示(出力)

オブジェクトの階層構造 Webブラウザ上の主なオブジェクトには、windowオブジェクトを頂点とする階層構造があります ブラウザに文字を表示(出力) 「Hello World!!」とブラウザに表示させる <html lang="ja"> <head> <meta charset="UTF-8"> <title>Hello!</title> </head> <body> <script> window.document.write( 'Hellow World!!' ); </script> <noscript> Ja</noscript></body></html>…

条件分岐 - if文

スクリプトには3通りの進み方がある(実行する流れ) 順次 分岐 反復 if文 条件によって、ある処理を実行するかしないか選択して、処理の流れを分岐させたいときに使う構文 条件がtrueのときは処理を実行する 条件が成り立たないとき(falseのとき)は、処…

演算子

式(expression) PHPの式の多くは、 演算子(operator):演算するもの オペランド(operand):演算の対象 を組み合わせてつくられています。 式の評価 式の計算が、式の評価にあたります 評価された結果を「式の値」と呼びます 演算子 簡単な計算をしたり…

変数(variable)

変数(variable)とは 変化するもの(値が変化する器) 値を直接書かずに抽象化して扱う 変数はプログラム中のメモリ領域に付けた名前です さまざまな値を一時的に記憶しておくために使われます 言葉(文字列)や数字(数値)を一時的に保存する「箱」 繰り…

JavaScriptをHTMLに書く

書き方のルール 基本的に「半角英数字と記号のみ」を使う 文字列を扱う場合は「シングルクォート」か「ダブルクォート」で囲む 大文字と小文字は区別される 命令文の末尾には「セミコロン」をつける 複数行にわたるまとまりの命令文は「{}波括弧」で囲む(囲…

出力(処理の結果を表示)

3種類の出力 console.log() で出力(検証ツールへ出力) alert() で出力(ダイアログボックスへ出力:手軽に使えますがWebサイトで使用する機会はあまりありません) document.write() で出力(ブラウザーの内容を書き換えて出力) コンソールに出力 「コン…

JavaScriptとは

プログラミング言語とは コンピューターへのお願いする言語 複雑なタスクを処理する「プログラム(アルゴリズム)」を考えるのは人間 JavaScript ブラウザを操作するためのプログラミング言語 JavaScriptを使うと、静止したデータであるHTMLやCSSを、その場…