読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 ハロートレーニング 受講生のためのWebデザインの勉強補足ブログ

地図を描く

地図を描く

(1)新規ドキュメント作成


(2)[ファイル]メニュー → [配置]


(3)配置する写真を選択する。ファイル名「地図下絵.tif」
 ※オプションは「テンプレート」のみ、チェックする。
 ※「リンク」のチェックは必ずはずすこと。


(4)「テンプレートレイヤー」の上に「レイヤー1」が自動的に作成されます。


(5)「レイヤー1」が選択されていることを確認して描き始めましょう。


【例1】

(1)長方形ツールで「ユニット」になる部分を描き、複製をします。




(2)ダイレクト選択ツールで、必要な大きさに変形します。




(3)「パスファインダ」で「形状エリアに追加:Alt+クリック」




《ダイレクト選択ツールのポイント》

  • まず、選択解除をする
  • 次に、動かしたいセグメントやアンカーポイントをマウスを押しながら移動する
【例2】

(1)いままでと同様の操作でテンプレートを準備する。


(2)「角丸長方形ツール」を使って、一番大きな半径の道を描く。
 ※必要であればガイドを引きます。


 



《角丸長方形ツールのポイント》

  • 「角丸長方形ツール」は、描いている途中マウスを押したままキーボードの「→」を押すと適切な半径に変化します。
  • 「↑」:半径が大きくなる
  • 「↓」:半径が小さくなる
  • 「←」:半径が「なし」になる
  • 「→」:半径が最適化される



(3)各半径の角丸長方形を描き、ユニットの複製で描き上げましょう。
※基準点を決め回転ツールで複製を作ります。




(4)入らない部分を削除するための長方形を描く。




(5)2つのオブジェクトを選択し「パスファインダ」で「前面オブジェクトで型抜き:クリック」
  

  


(6)全体を選択し「パスファインダ」で「形状エリアに追加:クリック」
  



「形状モード」アイコンは、Alt(Option)クリックをすると「拡張前の形状が保持」され、後から編集できます。CS3までの使い方と逆です。
  



《注意》

テキストにあるように「線幅」を使い「道を描く」場合もあります。

広告を非表示にする