読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 ハロートレーニング 受講生のためのWebデザインの勉強補足ブログ

目的と使い方

Illustratorの役割

  • コンピュータを扱う仕事の中では、コンピュータの特徴である「複製」を利用することが鍵です
  • 「デザイン」的な視点でいえば、「対称(シンメトリー)」を利用して「画面上の安定」をつくります


周りにあるモノの中にある「シンメトリー」を探す習慣をつけましょう。
そしてそれをシンボル化する作業を Illustratorでおこないます。

Illustratorの使い方

(1)オブジェクトを選択する
  つかんだモノが主語となり、次の行為に移ります。
 ※この選択のバリエーションには「移動」「移動コピー」


(2)変形する
  次の行為としての変形。
 ※「反転(リフレクト)」「回転」「拡大・縮小」「シアー」
 ※変形とは「線対称・点対称」の基準に対して、形を変化させること。


(3)描画する
  長方形・楕円ツールで単純図形を描く。
  「ペンツール」で、直線・曲線(自由な線)を描く。
 ※ペンツールに関しての詳細は、授業で。

長方形ツールを使うときのポイント
  1. ドラッグする
  2. クリック後、数値を入力する
  3. [Alt]キーを押しながら、中心から外側に描く
楕円ツールを使うときのポイント
  1. ドラッグする
  2. クリック後、数値を入力する
  3. [Alt]キーを押しながら、中心から外側に描く
オブジェクトを選択する

(1)選択ツール(黒い矢印)を使う
 画面上に描画されているものは、必ず選択ツールを使って選ぶ。


(2)選択したものを移動する
 選択したオブジェクトを、マウスで押したまま任意の位置まで移動。


(3)選択したものを移動コピーする
 選択したオブジェクトを、移動するときに[Alt]キーを
 押していると、マウスを放したところに複製ができる。

[Alt:altanate]キーの役割

  1. [Alt]キーを押しながらの移動は「コピー」
  2. [Alt]キーを押しながらクリックすると「ダイアログボックス」を表示する
広告を非表示にする