読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 ハロートレーニング 受講生のためのWebデザインの勉強補足ブログ

配列の書き方と値の取得

「配列」でまとめて管理

  • メッセージをまとめて管理する方法を考える
効率的ではなさそうな方法
$sun = '今日は定休日です';
$mon = '9時〜22時まで営業';
$tue = '9時〜22時まで営業';
$wed = '特売日! 7時〜24時まで営業';
$thu = '9時〜22時まで営業';
$fri = '9時〜22時まで営業';
$sat = '12時〜20時まで営業';
効率的に「引き出し」に整理する
  • メッセージをしまう引き出し(メッセージ1、メッセージ2、メッセージ3・・・)
曜日ごとのメッセージ {
 '今日は定休日です',
 '9時〜22時まで営業',
 '9時〜22時まで営業',
 '特売日! 7時〜24時まで営業',
 '9時〜22時まで営業',
 '9時〜22時まで営業',
 '12時〜20時まで営業'
}


曜日ごとの規則性

  • 1段目:日曜日のメッセージ(曜日番号:0)
  • 2段目:月曜日のメッセージ(曜日番号:1)
  • 3段目:火曜日のメッセージ(曜日番号:2)
  • 4段目:水曜日のメッセージ(曜日番号:3)
  • 5段目:木曜日のメッセージ(曜日番号:4)
  • 6段目:金曜日のメッセージ(曜日番号:5)
  • 7段目:度曜日のメッセージ(曜日番号:6)


「曜日番号」とは、date関数「date('w')」で取得できる各曜日の番号です。

複数の値を「引き出し」にまとめて管理

  • 「配列」を使う
  • 1つの変数に複数の値を格納できる
配列の使い方
  • 複数の項目をカンマで区切ってまとめる
  • 「array」という命令を使う
$message = array {
    '今日は定休日です',
    '9時〜22時まで営業',
    '9時〜22時まで営業',
    '特売日! 7時〜24時まで営業',
    '9時〜22時まで営業',
    '9時〜22時まで営業',
    '12時〜20時まで営業'
}


この配列に対して番号を指定すれば、その値を参照したり変更したりできます。


位置

要素の値 参照するとき
1番目 今日は定休日です $message[0]
2番目 9時〜22時まで営業 $message[1]
3番目 9時〜22時まで営業 $message[2]

配列で管理された曜日ごとのメッセージを表示する
<?php
$message = array (
    '今日は定休日です',
    '9時〜22時まで営業',
    '9時〜22時まで営業',
    '特売日! 7時〜24時まで営業',
    '9時〜22時まで営業',
    '9時〜22時まで営業',
    '12時〜20時まで営業'
);

$w = date('w');
	echo $message[$w];
  • 実行結果「火曜日の場合」


配列「array構文」の書き方

  • 生成した配列は、「添え字(そえじ)」を使って管理されます
  • 添え字は、0から始まり大きさがnの配列では0から(n-1)が添字の番号になります
  • 配列の各領域は、要素と呼びます
  • 配列の各要素は、添え字を使って、表現します



$配列名 = array( 値1, 値2, 値3, … );

$city = array( '東京', '千葉', '神奈川' );
  • 配列の最後に要素を追加するには、変数名に[ ](半角の角括弧)をつけて、追加する値を指定します
$city = array( '東京', '千葉', '神奈川' );
$city[] = '埼玉';
  • 配列の値を変更するには、要素番号を指定して、変更後の値を指定します
  • 先頭の要素「東京」が「埼玉」に変更されます
$city = array( '東京', '千葉', '神奈川' );
$city[0] = '埼玉';