読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 ハロートレーニング 受講生のためのWebデザインの勉強補足ブログ

配列 - ソート関数

ソート(並び替え)関数

  • 配列の各要素を、並び替えするときに使う関数がソート関数です

ソート関数 使用対象の配列種別 説明
sort 添字配列

要素の値を昇順にソートします

※添え字は、新たに割り当てられます

rsort 添字配列

要素の値を降順にソートします

※添え字は、新たに割り当てられます

ksort 連想配列

キーを昇順にソートします

※キーと値の組み合わせは変わりません

krsort 連想配列

キーを降順にソートします

※キーと値の組み合わせは変わりません

asort 連想配列

要素の値を昇順にソートします

※キーと値の組み合わせは変わりません

arsort 連想配列

要素の値を降順にソートします

※キーと値の組み合わせは変わりません



論理値(TRUE[処理が成功の場合] または FALSE[処理が失敗の場合]) = ソート関数( 配列変数名 );
または、

論理値(TRUE[処理が成功の場合] または FALSE[処理が失敗の場合]) = ソート関数( 配列変数名, ソート方法 );


ソート方法
(オプション)
説明
SORT_REGULAR デフォルトのソート方法。 標準的比較でソート処理を行います
SORT_NUMERIC 値を数値として比較します
SORT_STRING 値を文字列として比較します


array_keys - 連想配列のキーを取得する場合

list( 変数1, 変数2, 変数3・・・ ) = array_keys ( 配列変数名 );


array_values - 連想配列の値を取得する場合

list( 変数1, 変数2, 変数3・・・ ) = array_values ( 配列変数名 );
<?php
  // 連想配列変数$juiceの宣言と初期化
  $juice = array ( '500ml'=>4, '1000ml'=>1, '20ml'=>2, '50ml'=>3 );
           
  // キーを昇順にソートします
  $ret = ksort ( $juice, SORT_NUMERIC );

  // 各変数に代入します
  list ( $kekka1, $kekka2, $kekka3, $kekka4 ) = array_keys ( $juice );

  echo $kekka1. '<br>';
  echo $kekka2. '<br>';
  echo $kekka3. '<br>';
  echo $kekka4. '<br>';

  // 値を昇順にソートします
  $ret = asort ( $juice, SORT_NUMERIC );

  // 各変数に代入します
  list( $kekka1, $kekka2, $kekka3, $kekka4 ) = array_values( $juice );

  echo $kekka1. '<br>';
  echo $kekka2. '<br>';
  echo $kekka3. '<br>';
  echo $kekka4 . '<br>';

広告を非表示にする