読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Webデザインの勉強 ハロートレーニング 受講生のためのWebデザインの勉強補足ブログ

テンプレートタグ

テンプレートタグとは

  • WordPressでは、ユーザーが典型的な処理を手軽に行えるようにするため、さまざまな関数が定義されています
  • 非常に多くの関数が存在するため、関数がいくつかのカテゴリーに分類されています
  • なかでもテーマファイルでよく使われる関数を「テンプレートタグ」と呼びます
  • 使いたい関数がテンプレートタグかどうかは、気にする必要はありません
テンプレートタグはPHP部分に書く


実際に出力されるHTMLは、以下のようになります。


bloginfo( )の場合
  • サイトの情報を表示させる関数です
  • 情報の殆どは、プロフィールや一般設定などの、WordPress 管理画面で入力されたものです
  • この関数はテンプレートファイルの至るところで使うことができ、その結果は常にブラウザーに表示されます


《例》

<?php
bloginfo( 'name' );  //サイトのタイトルを表示
bloginfo( 'description' );  //サイトのキャッチフレーズを表示
bloginfo( 'url' );  //サイトアドレスのURLを表示
?>


テンプレートタグの引数

  • PHPの関数には、引数(パラメータ)があります

テンプレートタグの役割の違い

  1. データを取得して出力するもの
  2. データを取得するだけのもの
bloginfo( )とhome_url( )の違い
  • 「bloginfo( )」の場合は
  • サイトトップへのリンクを記述
<a href="<?php bloginfo( 'url' ); ?>">HOME</a>


しかし、

<a href="<?php home_url( ); ?>">HOME</a>


と記述しても、URLが出力されず、リンクが機能しません。
その場合は、

<a href="<?php echo home_url( ); ?>">HOME</a>


とし、home_url( )で取得したデータを、echo文で出力する必要があります。

the_category( )とget_the_category( )の違い
  • 「the_category( )」関数は、「投稿の属するカテゴリーを取得して、そのカテゴリーへのリンクをブラウザに出力する」という処理を行います
  • つまり、「データを取得し、さらにHTMLとして出力する」という処理をしています
  • その他の使い方をしたい場合は「get_the_category( )」関数を使う

データを出力する関数と出力しない関数

おおまかな傾向としては、

  • 「the_○○○関数」は、HTML要素を含めて出力する
  • 「get_○○○関数」は、出力しない


実際のWordPressテーマテンプレートタグを使用する際は、HTMLまで出力する関数を原則として使用します。



広告を非表示にする